葉酸サプリで健康な赤ちゃん出産|スクスク赤ちゃんの成長を見守る

看護師

治療を進める

看護師

妊娠力を高める

排卵誘発剤は不妊治療として行われることが多いのですが、内服タイプと注射タイプに分かれます。不妊治療と聞いて高額な治療費が掛かるイメージを持つ方も多いかもしれませんが、保険が適応されるので安価で治療を受けることが出来ます。内服タイプよりも注射の方が高額になりますが、一回につき数千円程度とそこまで負担にならないでしょう。排卵誘発剤を行えば妊娠力を高くすることが出来ますが、人によっては副作用が生じてしまうこともありますから注意してください。いまは医師が適切に対応してくれるので、相談しながら不妊治療を進めていきましょう。

排卵をさせる方法

排卵していない時や排卵しにくい時になどに使用される排卵誘発剤は卵を育てることが出来るので、妊娠の可能性を高める効果があります。また、しっかりと排卵している方でも高温期と低温期のバランスが悪い方にも使用するケースがあります。まずは排卵しなければ妊娠の可能性も出てきませんし、排卵したとしてもタイミングが合わなければ妊娠には至りません。忙しくてタイミングを合わせることが難しいという場合にも、計画的に妊娠させるために排卵誘発剤を使用することがあります。安価で行う事が出来る不妊治療の一種でもあるのですが、副作用が生じることもありますから、リスクなどを考慮した上で医師との相談の元で使用することをオススメします。また不安な状態で治療を進めないためにも、信頼出来る医師を探すのも大切な第一歩です。